「有川浩のセカイとコトバ展」と近況

今日含めてもう4日しか無いですが( ̄◇ ̄;)、
2013年7月15日(月・㊗)まで、高知県立文学館で「有川浩のセカイとコトバ展」が開催されています‼
http://www.attaka.or.jp/kanko/dtl.php?ID=3160
余談ですが、今、高知県庁で「県庁おもてなし課」のロケセットも見られますよ✨
机の中など、細かい所までこだわっていたり、
実はセットは渡り廊下に作られていて、
中央の柱は、奥行き感を出すために作られているそうです。
事前に「県庁おもてなし課」の映画を観ていると、いろんな発見があると思います✨

私は、家族が、有川浩さんの展覧会がある事を図書館に置いてあったパンフレットで知り、
数日後、家族※有川浩作品ファン で高知県に向かったのですが、
映画「県庁おもてなし課」は見ていなかったので、事前に観てくれば良かったorzと思いましたf^_^;)



話は変わって?
いつも、私は、日が変わらないうちに寝落ちして、朝は時間ぎりぎりまで起きないので、
睡眠時間はきちんと取れているはずなのですが、特に帰って来てから何もしてないんですよね…(´Д` )
何か、自分から創り出すという点において、物事に対して情熱を燃やせなくなっています。

一番良いのは、私が苦手な、
短時間で成果を出す・仕上げる事、
何か創り出す訓練をする事を、日常生活で意識する事だと感じています。せめて、画像編集ソフトやタイピングは練習してから寝たいものだと思います(−_−;)
やってみたいことも、上手く時間をつけて挑戦してみたいですし。


今日は
図書館から借りて来た小説を読んでいたら、続きが気になり、いつも寝る時間を大幅に過ぎていました。
ちなみに、小説は津村記久子さんの『ワーカーズ・ダイジェスト』です。

この小説の主役2人のように、
私もある程度器用に立ち回れて仕事が出来たら良いなぁ…と感じつつ、
すごく現実味のある登場人物達なので、
登場人物達のセリフから感じる棘や、ふっと覗く親しみがリアルに伝わって来ました。
読了感もスッキリしていました。
久々に小説を読めて良かったです。

有川浩さんの展覧会を観に行った時に、高知県立文学館で買った栞があるので、読んでない文庫本
を読んでしまいたいです。


とりあえず、3連休、まずは作業以前の問題で??掃除をしなければ。